さよなら、ギャシュリークラム

遺書を書かされています

アームチェア型アイデアマンを絶滅させる方法

 ふと過激な物言いをしたくなったときに何に書けば良いのかと勘考した結果、今全然使ってないここでいいんじゃないのか、と思ったのでここに書く。

 最近はnoteで休み無く一言二言の日記を書いてます。

note.mu

 人気はありません。

 閑話休題

 

 あまり良い友人関係に恵まれなかったからか、僕の周りにはアイデアマンを自称するやつがやたら多かった。いや、実際のところアイデアマンなどと呼べるレベルでは無い。

「俺はアイデアしか出せないからな~」

「頭の中に素晴らしいアイデアがある」

 みたいなこというやつ、君の周りにもいたでしょ? いたよね? そいつら! 滅したいよね~!

 ちなみにそう言う奴らのことを僕はアームチェア型アイデアマンと呼ぶことにしました。一見有能そうだけど、安楽椅子の上でグダグダって理想だけ語るイメージ。有能そうに見えるのがポイント。

 別に良いんですよ。アイデアを出す分にはね。でもそれを行動で示せないと何の意味もないよってこと。最近久しぶりにそういうやつに出会ってムカついたは良いけど何も言えなかったので、次会ったときに言いたいことをまとめておくエントリです。

 そもそも、アイデアというものは脳内にある時点では、当然完成形とは呼べないですよね。そりゃそうだ、アイデアだもの。実現可能不可能関係ないもの。しかしね、思い付いた時点で、達成感を持つ人間は一定数居るんですよ。仕事をやりきった感。あとはお前らの仕事だよ、みたいなどや顔するやつ。俺は俺の能力を遺憾なく発揮してアイデアを提供してやったから感謝しろよ、みたいなやつ。みんなの周りにも居るよね? え、いない!? うらやましい!!!
 僕も趣味がアレやアレなもんで、アイデアなんてものは思い付いた瞬間に、アウトプット、文章化しなければ忘れてしまうし一生使わず終わってしまうと考えながら日々過ごしているんですよ。
 でも自称アイデアマンは何故かやたらと前向きだから、メモらなくても大丈夫、覚えている、などと勘違いする。正直忘れてしまっても問題ないんですよね彼らは。ああ、良いアイデアがあったんだけどなあ、とでも言えば自尊心は保たれる。良いアイデアを思い付く自分が好きなだけでさ。

 はっきり言ってしまえば、物事を解決に導くとんでもなく素晴らしく革新的なアイデアなんてものは忘れないんですよ。心に突き刺さった名言金言をいともたやすく忘れてしまいますか? なに? 忘れちゃう? 病院行けよ。最悪、言葉そのものを再現出来ずとも、なんとなく断片は覚えているものでしょ? 昔2ちゃんねるで見掛けた「深淵を覗き込む時、深淵を覗いているのだ」みたいなもん。ニーチェも二度見するわ。でもでも、ものすごく馬鹿な言葉になってはいるけど、断片だけは覚えてる。

 それにさ、本当に重要なものだと思ったのなら自然とメモを取りますよ。これはなんとしてでも忘れちゃいけない! って行動起こすんですよ。忘れてしまった時点で、メモを取る気が無かった時点で、大したアイデアでは無いのだと、断言してしまいます。逃した魚は大きい、ってやつです。ちなみに利点、というか早急に文章化する理由はもう一つあります。果たしてそれがどんなジャンルのアイデアなのかは知らないが、事細かく文章にしてみて、一度それを読み上げてみましょう。どうでしょう、大したことないな……となりません? え、ならないの? うらやましい!!!!! ……まあ、実際のところ、なんか思った感じとは違うな……ってなる人は多いと思います。文章書いてる人なら誰でも理解出来る感覚だと思いますが、一晩経って読み直してみると思ったほど良くないな、みたいなアレと同じ。待て、誰でも理解出来る感覚、とか調子乗って書いてみたけど、そもそも例えが間違ってる気がする。全然同じじゃない気がする。まあいいや。殴り書きだし。ちなみに殴り柿ってのは北東北の田舎町で生産される名産品です。柿を干す前に殴ることで細胞を壊しより甘味が強くなるそうです。という嘘を書く暇があるならちゃんとエントリを書き終えましょうね俺。

 えーっと書き出したアイデアがしょぼく見える理由ですけど、二つ考えられます。本当に大したことが無いか、或いは、文章力が無いか、のどちらかです。前者はともかく、後者はしょうもな。って思います? それがね、簡単じゃ無いんですよこれが。

 例えば身長が10cm違えば見える景色はだいぶ変わりますよね。他人の頭頂部が見えたり本棚の奥にある文庫本のタイトルがちゃんと見えたり。人間を観察することが好きなら、表情をつぶさに見ようとするし、車が好きならエンジン音やフォルムに目を奪われたりもするでしょう。目を開けていても見える景色は十人十色じゃ無いですか。じゃあそれぞれの脳内なんて、それぞれ以外に言い様がないですよね?

 僕はミステリー系のイベントの企画を考えたりするのですが、例えばあの部屋であの殺害方法であのトリックを使ってその時犯人はこう考えたからでも実は……などという事細かな情報は文章化出来ても、そう簡単に共有出来ないんですよ。シチュエーションや空気感、バックボーンなど、事前に頭の中にすべて用意された状態で思い付いたアイデアとは、それ単体では蕪雑極まりない。だって彼の言った部屋には赤い絨毯があるけど、彼女が想像した部屋には青い絨毯があるんですから。分かります? 分からない!? たぶん俺が悪い! ごめん!

 更には思い付いたばかりの興奮状態で支離滅裂な発言になる可能性もあるし、相手に「はあ? それで?」みたいな顔されちゃったらもう殺意を覚えるじゃ無いですか。だから素早くアウトプットして、冷静な状態で説明するべきなんですよ。そこまでして、アイデアと呼べるものになると思います。

 ブレーンストーミングというものがありますね。複数人で適当に言葉を出し合って多彩なアイデアを集める方法です。ブレストで出てきた案はブレーンストーンと僕は呼んでます。今思い付きました。これからそう呼ぶようにします。ストーミング、つまり嵐の中で見つけた石ころ。それはよく見れば宝石かもしれないし、モノポールかもしれないし、輝くトラペゾヘドロンかもしれません!!!! やべええ!!!! なんにせよ、頭の中に存在するだけでは無価値なんですよ。綺麗に磨いて残ったものがアイデアとなる。

 何かが製品化、それが既存にはない新アイデアが搭載されていたとき、

「ああ、俺もそれは思い付いてた」

 とか言う人多いじゃ無いですか。多くは無いのかもしれないけどやたら目につくから発言を続けます。それを聞いた人って、

「すっごーい!」

 なんて思わないですよね?

「じゃあ自分が先に作れば良いだろ」

 って思いますよね? そう言っちゃうとそいつは言い返すんですよ。

「なくても不自由しなかったし、別に遅かれ早かれ誰でも思い付くだろ」

 その通りだね!!!!! じゃあなんで自分は思い付いてたってどや顔するのかな!!!!?????? なんでなのかな!!???

 まあ極端な例でしたけど実話です。被害を受けてる人たくさん居るって信じてる。

 他にも、例えば小説の設定なんかで悩んでるとき、

「主人公が犯人だった推理小説とかどう?」

 と目をキラキラ輝かせてくる人が居たとしますよね。

「そのアイデア既にあるよ」

 って言うと、引き下がるどころか、

「プロと同じ設定考えつくとかすごくない!?」

 って自画自賛し始めるんですよ。まじぶっころ。

 すごくねえんだよ。そのアイデアなら別に誰でも思い付くんだよ。今まで誰もやらなかったのは、それを活かせるストーリーが書けなかっただけ。だから褒めるべき部分は設定じゃ無い。お前は先人の努力を貶しているだけだと早く気付いてくださいお願いよ恥ずかしい。

 結局旨いラーメン屋が人気殺到になったあたりで、

「出来た当初行ったけど、結構旨かったよ」

 とか。

 タイアップ曲が話題騒然となったアーティストを、

「昔ニコニコ動画に居たときは聴いてたなー」

 みたいなこと言ってるやつと同じ。ミサワか。あくまで自分の方が先に知ってた、ぶりたいだけなんですよね。話題がそれた? それてる気がする!!!

 もうまとめよう。

 自称アイデアマンは絶滅しません。残念ながら。でも一時的に撃退することは出来ます。

「アイデアに価値はない。それをすぐ実行することが大事だ、ってGoogle創業者のラリー・ペイジが言ってたよ」

 そいつがGoogleレベルのものをこの世に産み落とせるんならそれも僥倖。言うだけ言ったったwww程度のやつはたぶん黙ります。でも黙るだけ。だからもう物理でやるしか無いんです。

 

 結論:アームチェア型アイデアマンを絶滅させる方法、

    物理でやりましょう。

 

 

 追記:三年前くらいに似たような記事書いてました。こうして俺はアイデアマンどもに殺されていくんだ。