さよなら、ギャシュリークラム

遺書を書かされています

貴重な休みを怠惰に過ごす尊さ

 先週とあるイベントの関係で川越小江戸に行ったわけである。一泊した上で華厳の滝中禅寺湖を観光もした。これはつまり今年の目標のひとつである旅行を実行し始めたことに他ならないのだが、エントリ内に口語として書き連ねることはできてもそれは証明にならないのではないか。本当に行ったのかと聞かれたら証明する手段がないのだ。というか写真取ったけどなんかアップするのメンドイんだよなああ。実のところ、僕はね一応ミラーレスのちゃっちぃのとはいえ一眼レフカメラ持ってるんですよ。それって、過去にイベントで役者をやる際にわざわざアイテムとして購入したまま、もう数年手元においてあるんですが、正直使わないんですよ。重いし。僕はアレですよ、iPodclassicが重いからという理由でWalkmanに乗り換えた男ですよ。カメラなんて持ってられっか!!! そんなわけでスマホで適当に写真は撮ったんですが、それをアップするためには多少なりとも編集が必要なのでその工程が面倒くさいですよね。なのでこうして味気のない文章だけで記すんですが、いやあいいところでした。あと言うことない。食べ物の写真は撮りまくってるんですけどね。あ、そういえばちょうど昨日の話なんですが、文庫サイズのメモ帳を買ってみたんです。やっぱ詩人みたいなことやりたいじゃないですか。ガラケーの頃って、ボタンの配置覚えてるから打ち間違えなくタイピングできてたんですけど、スマホみたいなタッチパネルタイプだと誤字脱字が非常に多いんですよね。大体なんか適当に文章をしたためるときって外出時が多いですし、思いついたことを覚えといて家でパソコンを前に書くって、やっぱなんか違う感じがするんですよ。どちらかといえばほら、叙情詩みたいなの多いし。そうした場合、ストレスなく文章を残せるのって、一周回ってメモ帳なんですよね。実際書いてみるとしっくり来ましたよ。久しぶりにちゃんとした文房具屋行って、懐かしい気持ちにもなりましたよ。なので四月中にでも、東京あたりの文房具屋回ってみようかなあなんて思ってます。五月の文学フリマに合わせてもいいんですけどね。まああそんな感じでただの日記です。

 おやすみなさい。