さよなら、ギャシュリークラム

遺書を書かされています

待ち時間が退屈なので退屈な話をします


『好き』と『嫌い』って、『慣れ』と『飽き』の耳障りのいい表現な気がするって話をします。


いやあのね、一平ちゃんのカップ焼きそばあるじゃないですか。違うか? 一平ちゃんってカップ焼きそばあるじゃないですか。こうだな。僕、カップ焼きそば好きなんですけど、じゃあ一番好きなカップ焼きそばってなんなんだよって言われると割と答えに困ってしまうんですよね。だってカップ焼きそばって別になんか美味しいわけでもないじゃないですか。カップラーメンは普通に美味しいって言えるのに、カップ焼きそばはまさにジャンクフードって感じ。まあその中でも一平ちゃんは一時期よく食べてたけど、ある日突然、「あれ、一平ちゃんってなんか味濃くて好きじゃねえな?」って思ったんですよ。そこから数年、一平ちゃんは絶対買わない生活をしてたんですが、先日友人が一平ちゃん食べてたんですね。僕としては「は、小市民め。本当に旨いカップ焼きそばも知らぬとは」なんて思いました。本当に旨いカップ焼きそばは僕も知らないです。でもね、すっげいい匂いするんですよね。あれ、あれあれあれ? なんだか食欲をそそられてしまうぞ? こ、これは? この気持ちは!? 今ならモナ・リザを見たときの吉良吉影の気持ちがわかるぞぉ!?  まあ別に勃(ぼっ)してはないんですけど、ものすごく食べたくなってきたんですよ。まあその場で一口くれとは言えなかったんですが、帰り道にコンビニ寄って買いました。で、家に着いたらすぐお湯沸かしてあーだこーだやって食べたんですよ。
「う、うまい……! これに比べたら山岡はんの鮎はカスや!」
そんなセリフは言ってないですけど、本当に旨く感じてしまった。そこで僕は思い立ちました。
たぶん、久しぶりに食ったから美味かったんだろうなあ、って。人間、慣れを超えると飽きるんですよね。だからあんなに好きで毎日食ってた堅揚げポテトも一週間保たなかった。一週間食ってたのは異常。絶対早死。


まあ僕が何を言いたいかって言うと、久しぶりにハイチュウ食べたら歯が欠けたってことだよ。死の前兆だよ。



んじゃ社畜と家畜の皆さん、良い週末を♡