さよなら、ギャシュリークラム

遺書を書かされています

2016-03-31から1日間の記事一覧

「卒業」

壇上から見下ろした視界に、三百人余りの全校生徒が写っている。僕は目の前に置かれたマイクの位置を調節すると、視点を一方向に定めぬまま喋り始めた。「僕は、この学校が嫌いで仕方ありませんでした」 誰も何も言わない。「上辺だけの付き合いを求めていた…