さよなら、ギャシュリークラム

遺書を書かされています

2015-10-28から1日間の記事一覧

「観測者としてのベルカ」

吹き零れたガソリンを眺めながら、人の気配の薄れたテーマパークを懐う。 私にとってそれはどうにか出来るわけもない事象であると知りながら、傲慢にも世界の立役者のふりをするのだ。 弱々しく口を開いて呪うと言い、目に見えたものを殴り殺す、精神性にお…