さよなら、ギャシュリークラム

遺書を書かされています

2015-10-25から1日間の記事一覧

「考察する肢体」

旧四号線上、カラスが轢かれた何かの屍体に群がっていた。 パッシングを繰り返すもふてぶてしい様子で彼奴等は避けようともしない。 人間如きの運転する鉄の塊が、まさかそのまま突っ込んでいくことは有り得ないと思っているのだろう。 とりわけ、カラスはと…